【デザイン】誰でも出来る羊の描き方!【2015年干支】

どうも!三浦です。

さて、今回の記事ですが・・・来年の干支である「ジンギスカン」ではなく「羊」を簡単に描ける方法を載せたいと思います。

これも道民の定めなのでしょうか、来年はジンギスカンがとってもおいしい年だと確信しています!

毎日でも飽きないあのおいしいさを、ぜひ道外の方も食べて下さい。(私は、タレ付が一番です。タレのついた肉にモヤシが絡みき、ビールを片手にグイッと。たまらん・・)

では、メインに入っていきしょう。
主に使うツールは「シェイプツール」と「消しゴムツール」、それと「ブラシツール」のみです。

前回の記事と同じで、アイキャッチの羊が完成品となっております。
 

使用環境と作業時間

  • プログラム : Photoshop
  • バージョン : CC 2014 最新版(古いバージョンでも可能)
  • 作業時間 : 30分。こだわらなければ10~15分

 

STEP1:羊の頭を作ろう

まず、Photoshop CC 2014を開きましょう。

mee1_1

開きましたら、「ファイル」→「新規作成」と選択し、640×480の新規レイヤーを開きましょう。
それでは、”クリック1”と書かれている「シェイプツール」の中の「楕円形ツール」を選択します。
そのまま、”クリック2”と書かれている部分を「塗り:#000000(黒)」「枠線:なし」と選択します。

 

次に、「楕円形ツール」でちょっとだけ細長い楕円を作ります。

mee2

写真の様な形でも、皆さんの好きな形でも良いです。
では、このちょっと細長い楕円形を頭にするので、「編集」→「自由変形」を選択し斜めになるように調整をしてください。

 

自分の好きな位置が決まりましたら、頭の形を調整します。
赤枠で囲っている「消しゴムツール」で、形を整えていきます。

mee3
 
mee4

私の場合は、この様に”ムー〇ン”みたいな顔になりましたが、独特でいいかと思います・・・、自分の好みに合わせて描いてください。
これで「羊の頭」を作成する項目は終了です。

 

STEP2:羊の体を描こう

次の作業として、羊の体を作っていきたいと思います。先程のSTEP1で使用した「楕円形ツール」を選択し円形をつくりましょう。

mee5

詳細メニューが出てくるのですが、STEP1では紹介していなかったのでここで紹介。
「シェイプツール」は、「塗り」と「枠線」を同時に作れる優れたツールです。
この詳細メニューで様々な効果をだします。主に、「塗り・枠線」の色を「べた塗り・グラデーション」をしてくれることですね。
今回使うのは、「塗り:#ffffff」「枠線:#000000」「枠線の太さ:2pt」となります。頭を作成した時とは別に、きれいな円形を作ってください。

 

作り終わったら、この楕円形レイヤーを複製していきます。

mee7

羊の体になるように12個複製しましたが、こだわるようであればその都度調整してください。

楕円形レイヤー(体)が複数あると作業がしづらいので、以下の作業をします。

頭の部分を一時的に見えないようにして、レイヤーを統合します。
まず、赤枠に囲まれている「目」みたいなアイコンをクリックします。これは、”表示/非表示”を表しています。目の部分をクリックすると非表示になります。

次に、体になっている部分レイヤーを右クリックして「表示レイヤーを統合する」を選択してください。今見えているレイヤーすべてが、きれいに一つのレイヤーになります。

 

それでは、表示統合したレイヤーに細工をしましょう。

mee8_1

赤枠で囲んでいる「消しゴムツール」を選択し、体レイヤーの中心部分をけしていきます。
モフモフ感を出す重要な体なので、外枠は消さないように調整しながらけします。
これで、体の作成は終了となります。

 

STEP3:手足を作ろう

手足の作成過程は、ほぼ体を作成工程に似ているので一部分は説明を省きます。

mee9

「楕円形ツール」を頭で使った形を作って「レイヤー複製」をして並べて、レイヤー統合をします。

mee10

さらに、消しゴムツールを使い体と同じようにモフモフ感がでるように内側を消していきます。

 

上記の作業工程が完了したら、次に地面につく足を作ります。

mee11

まず、「シェイプツール」→「角丸長方形ツール」を選択、「塗り:#000000」「枠線:なし」で足より、少し小さめのものを作ってください。
この時、「編集」→「自由変形」で角度を調整します。

 

次に、レイヤー入れ替えをします。

mee12

画像でも説明しておりますが、わかりやすく言うと新しく作ったレイヤー「角丸長方形」は上で、足の構成部分「楕円形」が下にきています。このレイヤー2つの上下を入れ替えます。

そうすると、「角丸長方形」が「楕円形」の下に移動します。
この状態だと、「楕円形」に隠れているので見えなくなり、消す必要がなくなります。

 

「楕円形(足)」と「角丸長方形(足)」レイヤーを結合し、4つの足レイヤーの複製をしましょう。「自由変形」をして前2本、後ろ2本とします。

mee13

配置は適当で構いません。これで大体、羊?ぽくなったと思います。
似てるとか似てないとかは人のセンスです!苦情はいりません!

 

最終的に形が整ったと思います。あとは、消した部分を調整しながら塗っていきます。

赤枠で囲ってるブラシツールを選択し「塗り:#ffffff」を選択します。

mee14

ここで注意なのですが、全部を白く塗りつぶすと4本の足が右なのか左なのかわからなくなるので、灰色の陰影もつけていきます。

 

陰影を付け終ると、この様になります。

mee15

これで足が左右ハッキリに見えます。細かい部分は、ブラシで調整していきましょう。
ここまでの作業で大体の形が整いました。

 

STEP4:目と角と仕上げと

この羊も最終局面にたどり着くことが出来ました。あと少しで完成です。暖かい目で見て下さい。

mee18

まず、ブラシツールで頭の部分に目をいれます。がんばれば、0.5秒で終わる簡単な作業です。
次に、「楕円形ツール」で体を作った時の様に頭の上に「楕円形」を一個配置してください。
さらに、新しい楕円形ツールで、少し右にずれて角を作ります。角もなるべく、角っぽい色を付けるといいでしょう。

 

ブラシツールを選択して「塗り:#000000」、赤矢印の部分をクリックして「 細さ:2pt」を選択して以下のように角らしい表現をしていきます。

mee19

これで、全作業が終了し独特な羊が出来上がりました。完成形はこちらです。

mee21

これまでの作業で、まだ納得いかない場合はその都度調整してください。私の場合は、体にも陰影を入れたりしています。

 

最後に

来年の干支ということで、今回は羊を描きました。

私が、来年の年賀状に使った羊もこの様につくってます。時期が来ましたら、公開しますので楽しみにしておいてください。

尚、この「楕円形ツール」は、いろんな場面でも使います。例えば。「綿雲」を作るとかですね。様々なデザインをするときによく使いますので覚えておくと便利です。

それでは、今日はこの辺でおわります。お疲れ様でした。

※この記事は2014年11月7日現在のものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る