こんにちは、三浦です。

今回はデザインチュートリアル第3弾を紹介します。高級感があふれるかっこいいロゴだと思うのでぜひ、制作の参考にしてください。

 

使用環境・制作時間(目安)

  • 使用ソフト:PhotoShop
  • バージョン:CC 2014 最新版(古いバージョンでも可能)
  • 制作時間:30分。こだわったら、たぶん40分~

 

スポンサーリンク


 

Lesson1:カンバスの設定

まず、PhotoShopを立ち上げ「幅:900、高さ:500、カンバスカラー:透明」を作成します。

作成方法は、メニューの「ファイル」→「新規作成」と選択します。これで背景の設定は終わります。今後の記事でもこの大きさで制作しますので忘れた時はこの記事を見て下さい。

 

Lesson2:楕円を描く

背景作成が出来たら、作業ツールで「楕円形ツール」を選択します。選択するとこの様なメニューが上に出てきます。

ue1

使用する楕円形を少しいじりますので、左から設定します。

設定:「シェイプ」/「塗り:なし」/「線:黒(#000000)」/「10pt」

設定が完了したら楕円形をカンバスに書きます。この時「Shiftキー」を押しながらドラッグすると、きれいな円形が出来ます。(大きさは自分の好みで調整)

調整済みの画像

_0007_bo2

カンバスにきれいな円形が出来上がりました。それでは、次にこの金縁レイヤーを「ラスタライズ」「複製」していきます。

レイヤーパネル

ses

画面右下にあるレイヤーパネルから操作します。

ラスタライズ:楕円形レイヤーを右クリックして表示される一覧に「レイヤーをラスタライズする」という項目をクリック。

「複製」:上の画像でみるとわかりますが、ゴミ箱の横にあるファイル記号へドラッグドロップ。

「レイヤー名を変更」:文字の部分をダブルクリックするとレイヤー名を変更できます。私の場合は複製元を「金縁」複製を「金縁外」とします。

 

Lesson3:レイヤースタイルを適用させる

「金縁」と「金縁外」レイヤーにレイヤースタイルを適用させます。

「レイヤー効果」:メニューの「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「レイヤー効果」を選択します。

まずは、「金縁外」からです。

レイヤー効果:カスタム

daf0

ベベルとエンボス

daf1

赤枠部分

  • 上:#ffffff
  • 下:#040000

輪郭

das23

境界線

daf2

赤枠部分をクリックして

グラデーションエディター

daf3

図の様に左から右にかけて色を下記の配色設定していきます。

  • カラー:#c4b797・位置:0%,24%,50%
  • カラー:#806d41・位置:7%,16%,32%,44%,57%~100%

光彩(外側)

daf4

赤枠:#dbd0b6

これで「金縁外」のスタイル設定が終わりますので「OK」を押します。
次に同じように「金縁」にもスタイルを適用させます。

ドロップシャドウ

das1

赤枠:#040000

設定完了後「OK」をおす。

設定後

_0006_bo3
 

Lesson4:光る文字を描く

次に金縁の中に好きな文字を入れます。大きさは大体「400pt」です。フォントは標準搭載のを使用しております。

文字を入れた状態

_0005_bo4

では、この文字にもスタイルを適用し、光輝かせて見せましょう。

ベベルとエンボス

moji1

シャドウ(内側)

moji2

光彩(内側)

moji3

赤枠:#59aee4

カラーオーバーレイ

moji4

赤枠:#3a59b8

光彩(外側)

moji5

赤枠:#4bb3f4

設定完了後「OK」をおす。

設定後

_0004_bo5
 

Lesson5:中心が光る背景を作成する

レイヤーパネルから新規レイヤーを作成し、名前を「背景1」とします。
次に「楕円形ツール」の設定をします。

設定:「塗り:#040000」/「線:なし」

Lesson2と同じように「Shiftキー」できれいな円形を「金縁外」と同じ大きさで作成します。

「背景1」にレイヤースタイルを適用する。

グラデーションオーバーレイ

ses0

エディター部分をクリックして

グラデーションエディター

dau2

左から

  • 左:#040000
  • 右:#4789e2

設定完了後「OK」をおす。

設定後

_0002_bo7
 

Lesson6:カンバス全体の背景作成

レイヤーパネルから新規レイヤーを作成し、名前を「背景」とします。
「背景」レイヤーはLesson1~Lesson5で作成したレイヤーの下にします。
操作方法:ドラッグドロップでレイヤーの配置を変更できます。

グラデーションツール「Shift+Gキー」で背景を描きます。ロゴ部分全体を光らせたいのでグラデーションツールの設定をします。

設定

ue3

設定:左から「グラデーションエディター(下記の設定)」/「円形」/「逆方向にチェック」

グラデーションエディター

bog0

赤枠:#8d8d8d

これですべての制作過程が終了です。

完成画像(ロゴ+背景)

_0000_bo9
 
※この記事は2014年12月12日現在のものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 奇岩の渓谷・絶景の千鳥ヶ滝と炭鉱の歴史を今に継ぐ滝の上発電所
  2. 廃校×アートの美術館!芦別市芸術文化交流館「芸術の郷しんじょう」
  3. 洞爺湖有珠山ジオパークその2:西山山麓火口散策路
ページ上部へ戻る