5分でできる!文字やオブジェクトをアナログ風に加工する方法:Illustrator

5分でできる!文字やオブジェクトをアナログ風に加工する方法:Illustrator

こんにちは、中村です。

久々にイラレの記事。
今回は「5分でできる!文字やオブジェクトをアナログ風に加工する方法」です。

▼完成品はこんな感じ。

Illustratorでの加工方法ですが、他のソフトでも同じ考え方でできると思います。

 

1. 素材のダウンロード

アナログ風のかすれ表現で使う素材は、今回はこちらで用意しました。
この素材データについては何の制限もありませんのでご自由にお使いください。

▼サンプルデータですがこちらをダウンロードしてもOKです。
  

●Illustrator用データ(Ai形式)ダウンロード

この素材を作る工程を入れても5分でできるんだけど、いちいち作るの面倒ですよね?
一度作ってしまえば使い回しできるし。
というわけで、作り方は省略します。

 

2. オブジェクトを用意する

▼アナログ風にしたいテキストやオブジェクトを用意します。

テキストはアウトライン化し、複合パスにしてください。
オブジェクトも複数を一度に加工する場合は複合パスにしてください。

 

3. 型抜き

▼用意したオブジェクトに素材を適当に重ね、素材のみを複合パスにします。

▼素材とオブジェクトの両方を選択し、「パスファインダー」→「前面オブジェクトで型抜き」

完成です。

あとはお好みで背景を入れたり描画モードを変更したりしましょう。

▼背景を入れてオブジェクトを乗算にしたものがこちら。

▼背景はこちらからお借りしました。
フリーテクスチャ素材館 – Craft紙

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。
3工程に分けましたけど、実質1工程ですよね。
素材があらかじめ用意されていれば1分でできます。
素材も簡単にできるんですけど、覚えておくほどのテクニックではないので省略しました。
他のことにも応用できそうならまた改めて記事にしようと思います。

以上、中村でした。

2015年10月15日

▼関連しそうな記事
Illustrator:5分でできる!文字をポップなチョーク風に加工する方法
Illustrator:5分でできる!文字をポップなチョーク風に加工する方法

 
Illustrator:5分でできる!文字をB級ホラー風に加工する方法
Illustrator:5分でできる!文字をB級ホラー風に加工する方法

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 簡単!Photoshopで写真から線画を抽出するための5つの方法
  2. 5分でできる!写真を鉛筆画風に加工するチュートリアル:Photoshop
  3. PVランキング!2016年はこんな記事が人気でした
ページ上部へ戻る