5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator

5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator

Adobe Illustrator初心者向けのチュートリアルです。
直前の作業を繰り返すショートカットやクリッピングマスクなど、ごく初歩的なテクニックだけで、いろいろな形の円を作ることができます。


このチュートリアルでは、一番左のタイプを例に進めていきます。

 

1. ラインツールでベースを作る

1-1 適当にラインを引きます。

1-2 【右クリック】→【変形】→【回転】

角度を入力し【コピー】をクリック。

元のオブジェクトを残したまま回転されます。

1-3 直前の処理を繰り返すショートカット【ctrl+D】(Macは【command + D】)を実行。
オブジェクトが回転しながら量産されるので、1周するまで続けます。

1-4 メニューから線端を変更。

 

2. クリッピングマスクで切り抜き

2-1 円ツールで円を作成

水色のラインに重なっている部分が最終的に残るので、最終的な形に合わせて線幅を調整。
今回の場合は、ラインの先端の丸い部分だけを残したいので、そこがラインに重なるように調整しました。
円オブジェクトは【最前面】に設定してください。

2-2 円を選択し、【オブジェクト】→【パス】→【パスのアウトライン】

2-3 すべてのオブジェクトを選択し、【右クリック】→【クリッピングマスク】

2-4 円ツールで円を作成し、重ねて完成。

線の種類を変えればいろいろなタイプの円を作ることが可能です。

 

おわりに

同じものを作る方法は、今回紹介した手順以外にもいろいろあります。
たとえば、クリッピングマスクを使わずに、単純に【塗り】を設定した円を重ねる方法。
この場合【2-1】~【2-3】は不要です。ただし、重ねる円の塗りに全体のバックグラウンドと同じ色を設定する必要があります。
背景が単色の場合は、その方が簡単でいいかもしれませんね。
他にも、すべてをアウトライン化し、【パスファインダー】で切り抜くという方法もあります。

今回の方法は、「円の内部が切り抜かれる」「装飾部分の大きさをあとから変更できる」といったメリットがあります。
他にもいろいろ方法があるかもしれませんので、目的ごとにやり方を変えてみると良いのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る