5分でできる!文字やオブジェクトに紙っぽい立体感を加える方法:Illustrator

5分でできる!文字やオブジェクトに紙っぽい立体感を加える方法:Illustrator

5分でできるシリーズ。

今回は文字やオブジェクトに立体感を与える加工に挑戦。
切り抜いた紙のような雰囲気を目指します。

▼完成イメージ

 

1. テキストを用意する

テキストまたはオブジェクトを用意します。テキストはアウトライン化してください。

 

2. グラデーション

「塗り」をグラデーションにします。

  1. カラー「#dedede」位置「0%」
  2. カラー「#ffffff」位置「50%」
  3. カラー「#dedede」位置「90%」
  4. カラー「#cccccc」位置「100%」
  5. 位置「30%」
  6. 位置「70%」
  7. 位置「85%」

「線」もグラデーションにします。

  1. カラー「#dedede」位置「0%」
  2. カラー「#ffffff」位置「100%」

また、角度を「90°」に設定します。

 

3. ドロップシャドウ

アピアランスパネルを開き、「新規効果を追加」→「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」

以下の値に設定。

完成です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。
もう少し細部までこだわれば、より紙っぽい感じにできそうですね。
今回は5分が目標なのでこのくらいで。

▼よかったら他の記事も見てね。
Photoshop & Illustrator 5分でできるシリーズ

以上、中村でした。

2015年11月5日

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. Windows10で再起動ループにはまったときに確認するポイントや対処法
  2. 簡単!ロングシャドウなアイコンを作るチュートリアル:Illustrator
  3. 一瞬でできる!ギザ丸と波丸の作り方:Illustrator
ページ上部へ戻る