5分でできる!写真をチョークアート風に加工するチュートリアル:Photoshop

5分でできる!写真をチョークアート風に加工するチュートリアル:Photoshop

写真をチョークアート風に加工するチュートリアル。
チョークアートとは、黒板にチョークですごい絵を描いちゃうあれです。
加筆や複雑な技術は必要ないので、初心者でも簡単にできます。

Before

練習用に使いたい方はこちらよりダウンロードしてください。 → DL
(この写真自体はフリー素材ではないので、あくまで練習用としてお使いください)

After
5分でできる!写真をチョークアート風に加工するチュートリアル:Photoshop

スポンサーリンク

1. グラデーションマップで白黒にする

イメージ > 色調補正 > グラデーションマップ

赤枠をクリック

プレビューを見ながら、適当に調整します。

当たり前ですけど、グラデーションを逆方向にすれば、白と黒が入れ替わります。
完成イメージに合わせていろいろ調整してみてください。

 

2. 黒い部分を削除

自動選択ツール

「隣接」のチェックを外します。
許容値は写真によって変わってきますので、適宜設定してください。
(真っ黒の部分を全部消すイメージです。グレー部分は残るようにしてください)
 

選択したら、Deletキーで削除。
別レイヤーで背景色を入れておくと作業しやすいです。

レイヤーの描画モードを「スクリーン」に設定。

 

3. チョークの質感を追加

編集 > パターンを定義 から パターンを追加

チョークの質感パターンを作ったので、こちらよりダウンロードしてください。 →
※フリー素材です。二次配布・販売は禁止(こちらの素材で別の素材を作り配布する行為も含む)です。それ以外はご自由にお使いください。

こちらのファイルをPhotoshopで開き、「編集 > パターンを定義」でパターンを追加します。名前は適当につけてください。

追加したら、編集中のファイルに戻ってください。

レイヤースタイル > パターンオーバーレイ/光彩(外側)/サテン

パターンオーバーレイで先ほどのパターンを設定します。「パターン」の横の「▼」をクリックするとあると思います。

光彩の色は#CCCCCC。他の値は適宜設定。

値は適宜設定。

これでほぼ出来上がりです。

ちなみに「サテン」は設定しても、小さい画像では違いがあまりわからないかもしれません。
拡大すると、チョーク感が増していることがわかります。

最後に、レイヤースタイルをラスタライズして、黒板の写真に貼り付けます。
黒板の写真は「ぱくたそ」様よりお借りしました

描画モードはスクリーン、不透明度は80%。(不透明度は適宜設定)
あとは変形ツールで黒板の形に合わせ、端の方を適当に消して完成です。

5分でできる!写真をチョークアート風に加工するチュートリアル:Photoshop

以上、中村でした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 【フリー素材】写真やイラストに使える桜吹雪ブラシ:Photoshop
  2. カジュアルなゴールド文字を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. ランキングから分析するシェアされやすい記事とSEOの話
ページ上部へ戻る