【簡単】写真を淡い水彩画風に加工するチュートリアル:Photoshop

【簡単】写真を淡い水彩画風に加工するチュートリアル:Photoshop

Photoshopで写真を水彩画風に加工します。
フィルターだけで変換すると、いかにも写真加工って感じですよね。
今回はなるべく自然な仕上がりになるようにしてみました。

▼加工に使用した写真はこちら

▼完成イメージはこちら
【簡単】写真を淡い水彩画風に加工するチュートリアル:Photoshop

▼ちなみにフィルターだけで加工したものはこちら

作業に使用した画像サイズは5815×3877です。
サイズによって設定数値が変わりますので、適宜変更してください。

スポンサーリンク

1. ベースを作る

フィルター > Camera Rawフィルター

今回は
・露光量は高く(明るく)
・淡い感じにしたいので明瞭度は低く
・色のメリハリをつけるために、彩度とかすみの除去を高く
という具合で設定しました。

フィルター > ぼかし > ぼかし(表面)

ぼかし(表面)で細かいディテールを潰します。
処理が終わったら、次のステップへ行く前に、このレイヤーを2つ複製します。

 

2. 輪郭線の作成(複製レイヤー1)

フィルター > 表現手法 > 輪郭検出

イメージ > 色調補正 > 2階調化

このレイヤーはあとで使うので、非表示にしておきます。

 

3. 水彩風の質感を作成する(複製レイヤー2)

フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)

新規レイヤーを作成 > フィルター > 描画 > 雲模様 1

新規レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」に設定し、複製レイヤー2の上に配置

2つのレイヤーをグループ化または結合し、不透明度「50%」に設定

3つのレイヤーを結合 > フィルター > フィルターギャラリー > アーティスティック > 水彩画

 

4. 仕上げ

フィルター > ぼかし > ぼかし(表面)

フィルター > Camera Rawフィルター

このレイヤーを複製(複製レイヤー3)します。

複製レイヤー3 > フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)

複製レイヤー3の描画モードを「スクリーン」に、不透明度「30%」に設定し、元レイヤーの上に配置

非表示にしてあった輪郭レイヤーの描画モードを「乗算」に、不透明度「20%」に設定

これでほぼ完成。
最初に提示した完成イメージにする場合は次のステップへ。

 

5. もうひと手間!

輪郭線以外のレイヤーを結合し、それぞれのレイヤーの端を消す

今回はマスクで消しました。消しゴムでもいいです。
ブラシの不透明度「50%」、流量「50%」くらいで適当に消します。
輪郭線を、塗りよりも外側に残しておく(色の塗られていない部分があるイメージ)と良い感じになると思います。

それっぽいサインを書いて完成。余白を多めにとるとさらにそれっぽいかも。
【簡単】写真を淡い水彩画風に加工するチュートリアル:Photoshop

以上、中村でした。

▼こちらもおすすめ
初心者でもできる!写真をイラスト風に加工するチュートリアルまとめました:Photoshop
初心者でもできる!写真をイラスト風に加工するチュートリアルまとめました:Photoshop

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 5分でできる!文字をサイバーパンク風に加工するチュートリアル:Photoshop
  2. 【フリー素材】夜景やイルミネーション表現に使えるキラキラブラシ:Photoshop
ページ上部へ戻る