簡単!初心者でも出来るシルエットデザイン作成方法を紹介

こんにちは、日頃絵描きができない事に悩まされている、miuraです。今回は、初心者でも簡単に出来るシルエットデザイン作成方法を、全2回に分けてお送り致します。

シルエットデザインを作る上で欠かせないのが、画像加工ソフトです。私の場合は、「フォトエディター/Adobe Photshop CC 2014」を使用しデザイン制作をしております。「グラフィックデザインソフト/Adobe Illustrator CC 2014」を使わないのですか?とか聞かないで下さい。
こちらはまだ勉強中なので・・・・

では、当事務局でモデルをしてくれた「大橋佳歩さん」の写真を使って紹介していきたいと思いますが、ほぼ独学でやっておりますので参考程度に見て下さい。

まず、初めに「フォトエディター/Adobe Photshop CC 2014」を起動し、シルエットデザインにしたい画像を読み込ませます。

読み込みが終わりましたら、作業ツール欄の「自動選択ツール」内にある「クイック選択ツール」を選択して下さい。

この「クイック選択ツール」とはなんぞや?という方の為に少しだけ説明しますと、クリックしてなぞった部分のみを選択して切り抜ける状態にしてくれる機能です。ここでは、この機能を使用して人物のみを切り取っていきたいと思います。

この様に「クイック選択ツール」を使い、人物のみを選択する事が出来ました。ここまでの工程だけでも、シルエットデザインを次の段階に移る事も可能ですが、もう一つだけ凝った技術を使っていきたいと思います。それは、髪の毛などの細かい部分まで切り抜いていく方法です。

先ほどの「クイック選択ツール」で、ある程度選択した状態で下の画像の位置にあります「境界線調整」を押して下さい。

クリックしたらこの様な「境界線調整メニュー」が出てきます。

この「境界線調整メニュー」とはなんぞや?という方に簡単に説明しますと、ツールアイコンで細かい所をなぞると、髪の毛などの細かい部分まで切り抜く事が出来るという便利な機能です。この画面になりましたら、下の図で赤く囲っている「表示」の横の▼をクリックして「オーバーレイ」を選択します。

クリックしましたら、選択ツールアイコンで抜き取りたい部分をなぞります。

コツは抜き取りたい部分をなぞるだけです。こればかりは自分自身の感覚で作業を行い、コツを掴む方がよいでしょう。失敗しても戻せますので練習してみるのも手です。

少し分かり難いのですが、背景と同化した細かな髪の毛を綺麗に切り抜く事が出来ました。この段階でも、まだ不安な所がありましたらその都度調整していきましょう。

次に、この状態でOKボタンを押すと、レイヤーマスクなしがない状態なので、綺麗に切り取る事が出来なくなります。ここでも一工夫していきましょう。下の画像をご覧いただければわかりますが、出力先項目にある「選択範囲」を「新規レイヤー(レイヤーマスクあり)」に選択して下さい。

OKを押す事により、下の画像の様に背景を切り取ったレイヤーが出来上がります。

こうして、シルエットデザインを作る上での前段階が出来上がります。あと、この方法を応用すれば、写真の合成や加工も可能になります。

次回は、この作業を前提に第2回シルエットデザインを作るまでの過程を紹介していきます。
お読みいただきありがとうございました。

※2014年09月12日現在の情報です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る