Windows10をセーフモードで起動するための6つの方法

Windows10をセーフモードでPCを起動する6つの方法

Windowsが正常に起動しない、フリーズが頻発する、作業に支障が出るほど動きが重いなどの症状が出る場合、セーフモードによる起動で原因が特定できる場合があります。

セーフモードとは、必要最小限環境でパソコンを起動する診断モードです。
トラブルが解消されない場合には、一度セーフモードで起動してみると良いでしょう。

フリーズが頻発する場合には、こちらもチェックしてみてください。

 

1. 設定から起動する

【スタートボタン】から【設定】を開く

【更新とセキュリティ】をクリック

【回復】から【今すぐ再起動する】を選択

【トラブルシューティング】をクリック

【詳細オプション】をクリック

【スタートアップの設定】をクリック

【再起動】をクリック

スタートアップ画面でキーボードの【4】を押すと、セーフモードで起動します。

スポンサーリンク

2. shutdownコマンドから起動する

【スタートボタン】を右クリックし【ファイル名を指定して実行】を開く
(キーボードの【Windowsキー】+【R】でもOK)

【shutdown /r /o /t 0】と入力し【OK】

【オプションの選択】の画面が表示されるので、以降は上と同じ手順です。

 

3. msconfigから起動する

【スタートボタン】を右クリックし【ファイル名を指定して実行】を開く

【msconfig】と入力し【OK】

【システム構成】が開きます。
【ブートタブ】を選択し【セーフブート】にチェックを入れ【OK】

再起動をクリックすると、セーフモードで起動します。
なお【システム構成】から【セーフブート】のチェックを外さないと、毎回セーフモードで起動してしまうので注意してください。

 

4. BIOSから起動する

OSが起動せず上記の方法が使えない場合、BIOSからセーフモードを起動することができます。

BIOSへのアクセス方法

  • パソコンの電源を入れたらすぐにF2キーを連打する。
  • F2キーを押した状態で電源を入れる。

基本的にはこのどちらかでBIOS画面へ行くことができます。
この方法でBIOS画面が立ち上がらない場合は、メーカーに問い合わせてください。

BIOSからセーフモードで起動するには

  1. 【BIOSセットアップユーティリティ】が表示されたら、キーボードの矢印キー【→】で【Exit】を選択
  2. キーボードの【↓キー】で【HDD Recovery】を選択し【Enterキー】を押す
  3. 【Execute HDD Recovery?】と表示されるので【Yes】を選択し【Enterキー】を押す
    ※この後【キーボードレイアウトの選択】が表示された場合は【Microsoft IME】を選択してください。
  4. 【オプションの選択】が表示されるので、このページの【1. 設定から起動する】を参考に進めてください。

 

5. 強制的にセーフモードで起動する

強制的に修復モードを起動する方法です。
力技なので、なるべくならやらない方がいいと思います。
にっちもさっちも行かないときだけ、自己責任で試してみてください。

  1. 電源を入れ、Windowsのロゴが表示されたら電源ボタンを長押しして強制終了する
  2. 再び電源を入れ、同様にWindowsロゴで強制終了する
  3. 【自動修復を準備しています】と表示されるので画面が切り替わるまで待つ
  4. 【自動修復】の画面になったら【詳細オプション】をクリック
  5. 【オプションの選択】が表示されるので、このページの【1. 設定から起動する】を参考に進めてください。

 

6. ブートオプションから起動する

Windows7以前は、PC起動時にF8キーを連打すると【ブートオプション】が表示され、そこからセーフモードで起動できました。
Windows8以降はブートオプションがデフォルトで無効化されています。
コマンドプロンプトから有効化できるので、ブートオプションから起動したい方はこちらを試してみてください。

【スタートボタン】→【Windowsシステムツール】→【コマンドプロンプト】を右クリック→【その他】から【管理者として実行】をクリック

【コマンドプロンプト】が立ち上がります。

【ブートオプションを有効化する場合】
bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

【ブートオプションを無効化する場合(デフォルト)】
bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard

【現在の設定を確認する場合(standard:無効、legacy:有効)】
bcdedit | findstr “bootmenupolicy”

有効化すると、F8キーからブートオプションが表示されるようになります。
従来の方式がやりやすい場合は、有効化しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 廃墟×アートの不思議空間!赤平アートプロジェクトに行ってきました。
  2. 旧住友赤平炭鉱坑口浴場と旧北炭赤間炭鉱の遺構:北海道産業
  3. 錆と鉄骨と朽ちた機械…近代日本を支えた旧住友赤平炭鉱立坑跡:北海道産業遺産
ページ上部へ戻る