これでデキる子どもアピールも完璧! 知的自由研究10選

こんにちは、中村です。

もうすぐ冬休みですね。学校によってはすでに休みに入ってるのでしょうか。
冬休みといえば、子どもたちにとって心配なのが宿題。
国語や算数の課題も面倒ですが、読書感想文や自由研究が一番苦手というお子さんも多いのではないでしょうか?

私も嫌いでしたねー
まず何をやったらいいのかわからない。
「これを読め!」とか「これに取り組め!」とか指定された方が余程ラクなんですよねー
それを逆手にとって「自由とはなにか!?」みたいな研究をノート5冊分くらいにまとめていけばいいかも知れませんねー。ドン引き間違いなしですよねー

 

さてさて、今回はそんな迷える子羊たちのために、教師ウケが良さそうな”知的自由研究”についてまとめてみました。
この記事を参考にすれば、先生方から「こやつ・・・デキる・・・!!」みたいな反応をいただけること請け合いです。

どうぞ、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

1. 地域の○○の調査

origin_of_name02
中村も記事のネタでたまにやりますけど、面白いです。
参考:
小樽紅葉スポット!【猫画像付】
中野植物園】小樽紅葉スポット! その2【ワンダーランド】
【歴史】小樽の町名由来 その1
【歴史】小樽の町名由来 その2
【歴史】小樽堺町通り商店街に行ってきた【観光】
【2014】今年は大雪? 小樽市の降雪量についてちょっとだけ調べてみた【2015】
こんな感じで

気象なら気象庁のホームページにいろいろなデータがあります。
歴史なら図書館・博物館がいいでしょう。
他にも「地元のパワースポット」とか「ロケ地めぐり」とか、いろいろネタはありそうですね。

 

2. 雪の結晶の研究

crystal-64158_640
雪国だからできる研究。
顕微鏡? いりません!
黒っぽい布と虫眼鏡があればOK。カメラがあるとなお良いですね。
布はフリース素材がいいみたいです。結晶の形を崩しにくいそうです。
虫眼鏡は100円ショップのもので十分。
カメラは一眼レフよりもコンパクトカメラの方がいいですね。一眼レフだと接写用のレンズ(またはクローズアップレンズ)が必要になりますが、コンパクトカメラの場合は必要ありません。マクロモードで撮影できます。
カメラがない場合にはスケッチをするといいでしょう。古典的ですが、観察の基本です。
機材はあらかじめ外気にさらして冷やしておくといいです。

 

3. いろいろな地方の民話や昔話の研究

tsurigamisama
民話って面白いですよね。
その土地独自のものもあれば、土地土地で少しずつ形が違うということもあります。

民話という物語のスタイルも面白いですね。
今では昔話を語る人はほとんどいませんが、スタイルそのものは”都市伝説”という形で受け継がれています。”口裂け女”とか”人面犬”とか、最近のだと”くねくね”とか、そういうヤツです。民話ではないですが、根は一緒です。
くねくねに関しては、民俗学的に見ても素晴らしい完成度だと一部で絶賛されているようです。

その土地独自の昔話を研究するもよし、ひとつの話のバリエーションを研究するもよし、民話と都市伝説の歴史を研究するもよし。
ただ、夜中にトイレに行けなくなっても中村は責任を取りません。

 

4. 工場見学に行く

7524083b0146301a4b0d42bfc15e0c0a_s
数年前から静かなブームが続いている工場見学。
学校の行事では昔からの定番ですよね。
撮影OKなら、写真を撮りまくって、製品ができるまでの工程をまとめるだけでもそれなりのボリュームになります。
さらにその企業ならではのコダワリや製品の歴史について調べてみると内容に深みが出るでしょう。
食品系なら、”デキ立て”を食べて「食レポ」を載せるのもいいかもしれません。

さらに最近は、”工事現場見学”とか”ダムの内部見学”なんてのもあります。
みんな”立入禁止区域”に入りたくてウズウズしてるんでしょうね。

 

5. もしも○○がなかったら

tvnewspaper
もしも月がなかったら」という本があります。
月がなかったら、潮の干満がなくなったり、隕石飛来率が増加したり、そもそも生物が誕生しない可能性があったりと、いろいろとタイヘンなことになるんですが、それはまあ置いておいて。

身の回りにも「もしコレがなかったらどうなるんだろう?」っていうもの、たくさんありますよね。

たとえば、電気や水道。止まったらタイヘンなことになります。でも実際どうタイヘンなのか、具体的に考えたことがある人は少ないと思います。
他にも、”テレビやラジオ、新聞がなくなったら”とか、”時計がなくなったら”とか。

そういったことを具体的にシミュレートしたり、実際になくなったと仮定して一日生活をしてみたりすると、面白いのではないでしょうか。
もしもインターネットがなくなったら、”ただ猫が遊んでいるだけのショー”に人々が殺到する、なんて言われていますしね!

 

6. いろんな”マーク”についての調査

marks20141222
身の回りにはいろんなマークがあります。
衣類のタグとか、食品の袋とか、家電とか。
そんなマークをひたすら集めて、その意味を調べる。簡単な上にそれなりに役立ちます。
デザイン集としてもかなり面白いので、美術的な側面から調査してみるのもいいかもしれません。

 

7. 絵本を作る

ehon_create
弟・妹がいるお子さんにオススメ!
幼い弟妹のために作りました!といえば全米も号泣です。家族の思い出にもなります。
また、文章を組み立てる・絵を書くために状況を詳しく思い描くという行為は、論理的思考を育てます。
もちろん、感受性の発達という面でも良い効果をもたらすでしょう。
もしかしたら、これがきっかけで将来作家になるかも!?

 

8. 飼っている動物の観察

neko_kansatsu
カメでも魚でも犬でも猫でもフェレットでもウサギでも猫でも、なんでもいいです。
基本的な生態にあわせ、その固体特有の性格や癖なんかを調べるといいのではないでしょうか。飼ってみてわかる意外な一面もあるだろうし。カメは意外と速いとか。

犬・猫両方飼っているのなら、その違いについて調べるものいいと思います。
たとえば”新聞を読んでいるところを邪魔しに来る際の猫と犬の態度の違い”とか。
犬 → 「あそんで! あそんで!」
猫 → 「お、座り心地の良さそうな新聞やな」
かわいすぎて悶絶します。

 

9. 家電の仕組みや歴史を調べる

aircon20141222
普段使っている家電の仕組み、知ってますか?

たとえばエアコン。北海道の一般家庭ではあまり馴染みがないかもしれませんが……。

大雑把にいうと、エアコンは部屋の空気中に含まれる「熱」を外の空気とやり取りしているんです。
熱を外に捨てれば冷えるし、拾えば暖まる。
つまり、空気が冷たくても暖かくても、そこには「熱」が存在するんですね。
冷たい空気にも「熱」が存在するなんて、感覚的には捉えづらいですよね。
でも、そこが科学の面白いところでもあります。”感覚に惑わされない考え方”を育てるのにも有効ですね。

「科学はどうしてもイヤ!」という方は、家電の歴史がオススメです。
テレビにしろ洗濯機にしろ冷蔵庫にしろ、絶えず進化を続けています。
しかし、その歴史はそう長くはありません。ほとんどが昭和以降です。
つまり、調べやすいんですね。資料がたくさんあります。
お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃんに話を聞くだけでも面白いと思います。

 

10. 国際宇宙ステーション(ISS)を見よう

iss20141222
こんにちは、宇宙大好き中村です。

これ、自由研究とか関係なく一度は見てほしい。

望遠鏡がない?
そんなもんいりません!

肉眼で見えます。
超・見えます。
金星よりも明るく見えます。
よくUFOと間違えられるくらい見えます。
でも、見えることを知ってる人は少ないんですよね。もっと知られていてもいいのにね。
だって人が乗っている宇宙船をその目で見ることができるんですよ。
テンション上がるでしょう? 上がるでしょう?

しかも滅茶苦茶速い。秒速約8km。時速にして28,400km。超速い。

ちなみに、なんでこんなに速いのかというと、秒速7.9kmを下回ると落ちちゃうからなんですよ。
”第一宇宙速度”なんて難しそうな名前がついていますが、要は「右足が沈む前に左足を出す」理論。落ちる前に進む。それが可能なのが秒速7.9km以上なんですね。
科学に拒否反応を起こす人も多いですが、その中身を見てみれば意外とシンプルだったりするんです。
みなさんも秒速7.9km以上で走ってみるといいでしょう。空中を走れますよ!

さて、見るだけではあれなので……

  • ISSについては、余市宇宙記念館に行くとより詳しく知ることができます。ISSに関する展示もありますし、職員の方の解説も(たしか)あります。
  • ISSではないですが、苫小牧市科学センターにはロシアの宇宙ステーション「ミール」が展示されています。実際に運用されていたミールは2001年に廃棄され、現在残っている実機はこの苫小牧市にあるこの予備機だけ。昔見に行ったときには雨ざらしになっていてある意味衝撃を受けましたが、現在はちゃんと屋根付きの展示室に保管されています。
  • NASAのサイトでは、ISS内の活動の様子をリアルタイムで見ることができます。写真もたくさんあります。

とにかくまとめるネタには困らないでしょう!

ちなみに、いつ見えるかはこちらのサイトで確認できます。
結構しょっちゅう日本上空を通過してます。
冬の日本海側はなかなか晴れませんが、しょっちゅう飛んでくるので、いずれ見られるでしょう。

ISSの他にも、イリジウムフレアもオススメです。人工衛星ですが、これもよくUFOと間違えられます。面白いです。
ついでに、先日打ち上げられた「はやぶさ2」について調べるのもいいかもしませんね。

 

 

いかがでしょうか。

他には「繰り下がりのある引き算の10未返却事件の調査」や「栗まんじゅう問題の研究」
なんかがオススメですかね!

個人的には「猫の写真集を作る」とか良いと思います。
私が教師だったらそれだけで全教科最高の成績にしちゃいますね。その写真集はお持ち帰りしますけどね!

 

以上、”これでデキる子どもアピールも完璧! 知的自由研究10選”でした!

 

それではまた来年。
中村でした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る