廃墟×アートの不思議空間!赤平アートプロジェクトに行ってきました。

廃墟×アートの不思議空間!赤平アートプロジェクトに行ってきました。

毎年秋に開催されている「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト」。
2017年は「赤平アートプロジェクト」として旧赤平炭鉱跡を舞台として開催。
坑口浴場をメインに、さまざまなアート作品が展示されています。

▼坑口浴場についてはこちら

 

アート作品

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクトでは16のアート作品が展示されています。

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクト

そらち炭鉱の記憶アートプロジェクトでおなじみの作品2017バージョンや…

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクト

音や光を使った作品、

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクト

赤平アートプロジェクト

坑口浴場という空間を活かした作品など、さまざまなタイプのアートを楽しむことができます。
受付で配られるパンフレットに各作品の解説が載っているので、アートはちょっと…という人にも安心。

写真撮影OKで、SNS等への掲載も自由とのこと。
ぜひ廃墟×アートの不思議空間で写真を撮ってみてください。

 

アート以外にも見どころがたくさん

旧赤平炭鉱立坑ガイドツアー

赤平アートプロジェクト

会期中は1日1回、立坑内部が公開されます。
実際に働いていた方の解説つきで、かなり詳しい話を聞くことができます。
私が行ったときは30人くらい参加していました。

赤平アートプロジェクト

当時使われていた設備がほぼそのままの状態で残されています。
カレンダーも閉山された1994年2月のまま…だったんですが、なぜが2枚剥がされて4月のものになっていました。(解説されている元鉱員の方が驚いていました)

▼立坑内部の様子はこちら

 

自走枠整備工場跡

赤平炭鉱自走枠整備工場

自走枠とは、上の写真を見て想像できるとおり、壁面を大量掘削するための大型機械です。
自走枠整備工場跡では、自走枠をはじめ、当時使用されていたさまざまな重機や機械が展示されています。
普段は一般公開されていませんが、会期中は自由に見ることができます。
こちらにもアート作品があるので、あわせて楽しむことができます。

赤平炭鉱自走枠整備工場

赤平炭鉱自走枠整備工場

赤平炭鉱自走枠整備工場

男のロマンを凝縮したような機械がたくさんあります(笑)。

 

おわりに

秋は全国各地でアートのイベントが開催されているかと思います。
そらち炭鉱の記憶アートプロジェクトも秋のアートイベントとして定番となりましたが、まだまだ知らない人がたくさんいます。
日本広しといえど、廃墟をそのまま会場としてしまうイベントはそうそうないと思うので、ぜひこの機会に訪れてみてください。
大人の社会科見学としても楽しいですよ!

 
▼そらち炭鉱の記憶アートプロジェクトの過去記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る