秋のレジャー!層雲峡と黒岳ロープウェイ

秋のレジャー!層雲峡と黒岳ロープウェイ

こんにちは、中村です。

今日の話題は大雪山系の黒岳。
大雪山の中では最も標高が低い黒岳ですが、ロープウェイとリフトを使って7合目まで行けるというお手軽さのため、レジャースポットとして大人気です。

 
☆大雪山系の標高

  • 旭岳(2,291m)
  • 北鎮岳(2,244m)
  • 白雲岳(2,230m)
  • 愛別岳(2,113m)
  • 北海岳(2,149m)
  • 黒岳(1,984m)
  • 赤岳(2,078m)
  • 緑岳(2,019m)

 
大雪山系では、9月初旬~中旬には山頂で、それ以降は中腹から山麓にかけて紅葉が楽しめます。
調べたわけじゃないですけど、北海道で一番長く紅葉を楽しめる場所なんじゃないですかね?
どうなんでしょうね?

ともあれ、そんな大人気スポットなので、今時期は人がすごい。
中村はシルバーウィークに行ったんですが、ディズニーランドかと思うくらい人がたくさんいました。

 
ロープウェイ待ちの行列
黒岳ロープウェイの行列

 
ちなみに、午前11時ちょっと過ぎくらいに着いたんですが、ロープウェイに乗るまでに30分くらいかかりました。
当初1時間待ちと言われていたので、予想よりはかなり早かったですが・・・

 

スポンサーリンク


 
ようやく辿り着いたロープウェイ乗り場

 
ロープウェイで行けるのは5合目まで。
そこからさらにリフトを使って7合目まで行くことができます。

 
6合目~9合目くらいが紅葉中でした。

 
スキー以外でリフトに乗るのはちょっと不思議な気分。乗り降りの勝手がスキーとは違います。

 
7合目からの景色

 
登山に行ったわけではないので、持参したお昼ご飯を食べてすぐに降りました。
景色はいいですけど、7合目付近はスペースも狭いので、あまり見るところはないですね。
登山客のための玄関口みたいな感じ。

 
下りのリフト

 
なんかくるくる回るやつ

 
再び5合目に戻ります。

 
ウーパールーパーエゾサンショウウオ

 
このエゾサンショウウオはどうやら幼生のようですね。
標高の高い場所では成長が遅く、幼生の状態で越冬するそうです。

 
鹿の足跡

 
キツネの足跡

 
ロープウェイ乗り場の展望台

 
なんかくるくる回るやつ

 
5合目からの眺望

 
帰りのロープウェイの行列

 
帰りは1時間待ちでした・・・

 
山麓の風景

 
いかがでしょうか。
10月初旬~半ばにかけて、山麓の紅葉を楽しむことができそうですね。
5合目展望台から見る山麓の紅葉はさぞかし美しいことでしょう。
ただ、上の方はもうほぼ冬なので、服装には注意してくださいね。
気軽に行けるせいか、気軽過ぎる服装の人が結構いるみたいなので。

以上、中村でした。

2015年10月1日

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る