写真:北海道の無人駅「留萌線・増毛~留萌 その2 信砂駅~瀬越駅」

写真:北海道の無人駅「留萌線・増毛~留萌 その2 信砂駅~瀬越駅」

北海道の無人駅・秘境駅を紹介するシリーズ。
今回は2016年12月で廃止される、留萌線の増毛~留萌の無人駅その2。
信砂駅~瀬越駅の紹介です。

▼その1・箸別駅~舎熊駅はこちら
写真:北海道の無人駅「留萌線・増毛~留萌 その1 箸別駅~舎熊駅」
写真:北海道の無人駅「留萌線・増毛~留萌 その1 箸別駅~舎熊駅」

 

1. 信砂駅

留萌本線信砂駅

プレハブ小屋みたいな駅が特徴の信砂駅
Wikipediaによると、ノブシャの名の由来は、“アイヌ語の「ヌプサペッ」(野を流れる川)、また「ヌプ・サ」(原野・浜)の転訛した「ヌプシャ」など、由来には諸説ある”とのこと。

留萌本線信砂駅

ホーム。板張りだけど、結構しっかりしてる。

留萌本線信砂駅

他の駅と比べると、中は結構広い。

留萌本線信砂駅

無人駅によくある、ノスタルジックな掃除道具。

留萌本線信砂駅

駅周辺の田舎感が素敵です。

留萌本線信砂駅

ギャーギャー騒いでた鳥。なんの鳥だろう?

留萌本線信砂駅

 

2. 阿分駅

留萌本線阿分駅

阿分小学校の裏にある阿分駅。
アフンの名は、アイヌ語の「アフン」(入り込んでいる)に由来。

留萌本線阿分駅

こちらもプレハブ小屋。
小屋と緑と踏切がいい感じです。

内部に草が生えています。

留萌本線阿分駅

海も近い。

留萌本線阿分小学校

小学校とスズメ。
阿分小学校は2015年3月に閉校となりました。
しかし、地域の方が管理されているのか、廃校とは思えないほど手入れが行き届いていました。

留萌本線阿分駅

徐行。

留萌本線阿分駅
留萌本線阿分駅

阿分駅の近くにいた猫さん。

留萌本線阿分駅

踏切と小学校。

留萌本線阿分駅

 

3. 礼受駅

留萌本線礼受駅

錆び錆びな車掌車改造型駅舎の礼受駅。
増毛-留萌間では珍しく、かつては有人駅でした。
有人駅時代には木造駅舎が建っていたそうです。

レウケの名は、アイヌ語の「レウケ・プ」(曲がっている所)に由来。

留萌本線礼受駅

雪が残る山並み。訪問は5月末でした。

留萌本線礼受駅

留萌線で最も海が近い(たぶん)ので、かなり錆びてます。

留萌本線礼受駅

駅舎内からも海が見えます。

留萌本線礼受駅

 

4. 瀬越駅

留萌本線瀬越駅

海水浴場近くにある瀬越駅。
黄金岬からも近く、夕方には海に沈む夕日を見ることができます。

セゴシの名はアイヌ語ではないように見えますが、どうやらこれもアイヌ語由来のよう。
ただし、詳細は不明で、Wikipediaによると、「腕のように曲がった所」という意味であるという説が有力。

留萌本線瀬越駅

待合室の中には、ノスタルジックな椅子がひとつと、錆びたチリトリ。

留萌本線瀬越駅

風車の丘と残雪の山。

留萌本線瀬越駅

この急坂の下に、瀬越駅があります。
女子中学生の集団が自転車で颯爽と坂を下っていましたが、勢い余って踏み切りのポールに激突してました。
怪我はなかったようですが、危ないのでブレーキはちゃんとかけましょう。

留萌本線瀬越駅

スポンサーリンク

おわりに

廃線が決定してから注目を集めたみたいで、駅めぐりをしている人たちがたくさんいました。
実際にこの路線が使われているのを見ることができるのは12月までなので、ぜひ訪れてみてください。

 

おまけ

阿分駅で子猫釣りを楽しみました。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. アルテピアッツァ美唄は自然と木造校舎とアートの調和が生み出す安らぎの空間
  2. 北海道の無人駅:廃止後の留萌線・旧増毛駅~留萌駅
  3. 1億年前〜明治大正昭和…時を超える三笠野外博物館
ページ上部へ戻る