北海道の無人駅:廃止後の留萌線・旧増毛駅~留萌駅

北海道の無人駅:廃止後の留萌線・旧増毛駅~留萌駅

2016年に廃止された留萌線の増毛-留萌間。
廃止後、線路や駅は少しずつ撤去が進められているようです。
すべて撤去するのかはわかりませんが、もしかしたら、見られなくなる日も近いのかもしれません。

廃止前の様子はこちら▼

 

1. 増毛駅

増毛駅

駅舎は現在、売店として利用されています。
駅周辺は人も多く、新たな観光拠点となっているようでした。

駅周辺や駐車場は多くの人で賑わっていたのに、なぜかホームはひっそり。

列車が通らないので、レールは錆つき、ところどころ草に覆われていました。

 

2. 箸別駅

留萌本線箸別駅

箸別駅は駅へ続く道が私有地のため、現在は立入禁止。
上の写真は2016年に撮影したものです。

すぐ近くにかかる橋にも柵が設けられ、立ち入ることはできません。

 

3. 朱文別駅

朱文別駅では踏切が撤去され、線路は道路の手前で切断されていました。
板張りのホームもすでになく、駅舎だけが残っていました。

留萌本線朱文別駅
2016年5月


2017年7月

 

3. 舎熊駅

駅舎は健在。状態も良いです。
周辺には立入禁止の看板も柵もなし。
まだ近くで見学することができます。
マムシに注意の貼り紙があったので、そこだけ注意。

駅舎だけ見るとまだまだ現役のようですが、草の中に消える線路を見ると、もう使われていないことがわかります。

 

4. 信砂駅

駅舎は辛うじてありましたが、ホームはすでに撤去されていました。
撤去作業が進んでいるようだったので、もしかしたらもう見ることはできないかもしれません。

 

5. 阿分駅

阿分駅も駅舎は残っているものの、ホームは撤去済み。

ここでもやはり線路が草で覆われていました。

 

6. 礼受駅

サビサビですが、これは現役のころから。
ホームには柵が設置され、線路内には立ち入りできません。
ここにもマムシに注意の貼り紙があったので、訪問の際は注意してください。

 

7. 瀬越駅

ホーム前のレールは一部撤去済み。
周辺は柵で囲われているので入ることはできません。

海水浴場が近いので、人通りはそれなりにありました。

 

8. 留萌駅周辺

留萌駅近くの鉄橋です。
右が旧留萠鉄道臨港線、左が留萌線・留萌-増毛間の鉄橋。

奥では工事が行われていました。
レールを撤去しているのかもしれません。

留萌駅。
線路はまだつながっていますが、列車が来ることはありません。

 

おわりに

当面の保存が決まっているのは増毛駅のみ。
他は一部で撤去作業が進められており、いつなくなってもおかしくない状況です。
気になる方は早めに行った方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 廃墟×アートの不思議空間!赤平アートプロジェクトに行ってきました。
  2. 旧住友赤平炭鉱坑口浴場と旧北炭赤間炭鉱の遺構:北海道産業
  3. 錆と鉄骨と朽ちた機械…近代日本を支えた旧住友赤平炭鉱立坑跡:北海道産業遺産
ページ上部へ戻る