満開のツツジとフジの小樽公園(見ごろは5月下旬~6月上旬)

満開のツツジとフジの小樽公園

明治時代より100年以上にわたり小樽市民に親しまれている小樽公園。
晩春から初夏にかけて、園内では7000本のツツジが満開になります。

小樽公園の原型ができたのは1888年(明治21年)。
1900年(明治33年)に花園公園として開設。
北海道の公園としては最古級です。

ちょうど同じ時期に藤も見頃になるので、ツツジと一緒に楽しむことができます。

でかくてモフモフなかわいいやつがたくさんいました。

エゾオオマルハナバチでしょうか?
ミツバチもたくさんいました。
みんな藤に夢中なので、近づいてもこちらにはまったく無関心な様子でした。

また、小樽公園ではさまざまな野鳥を見ることもできるので、鳥好きな人にもおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. アルテピアッツァ美唄は自然と木造校舎とアートの調和が生み出す安らぎの空間
  2. 北海道の無人駅:廃止後の留萌線・旧増毛駅~留萌駅
  3. 1億年前〜明治大正昭和…時を超える三笠野外博物館
ページ上部へ戻る