【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

こんにちは、中村です。

前回に引き続き、北海道産業遺産・三笠編です。

前回紹介した変電所周辺には、さまざまな炭鉱関連施設が今も残されています。
今回はその一部をご紹介します。

 
北海道産業遺産シリーズ一覧▼
写真:北海道産業遺産シリーズ
 
 

スポンサーリンク


 

幌内神社

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

あたりにはニセアカシアの甘い香りが漂い、時折ミツバチの羽音が聞こえていました。
公園をボランティアで管理されている「みかさ炭鉱の記憶再生塾」の方によると、ミツバチを採取するために、全国の養蜂家がこの地を訪れるそうです。

 

幌内炭鉱自然公園

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

公園内にはたくさんの施設が残されています。
施設の多くは「立ち入り禁止」とは書かれていませんが、危険なので入らない方がいいでしょうね。
また、このあたりは熊出没区域でもあります。「○月×日熊出没」みたいな看板が普通にあります。
スズメバチもいます。上の写真にも巣が写っていますよね。残骸ですが。
8月くらいには巨大アブも出ます。車で行くと囲まれます。
訪れる際には十分気をつけてください。

 

その他

幌内線跡
【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

立ち入り禁止区域もある
【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

クロフォード公園
【写真】幌内炭鉱自然公園:北海道産業遺産 三笠編#2

もっと深く歴史を知りたい方や、普段は入れないところにも入ってみたいという方は、「みかさ炭鉱の記憶再生塾」のガイドを申し込んでみてはいかがでしょうか。
参加料1人3,000円で5人程度のグループから受け付けているそうです。

みかさ炭鉱の記憶再生塾「幌内炭鉱自然公園ガイド」(外部サイト)

以上、中村でした。

2015年6月25日

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

お知らせ

12月28日~1月3日はお休みとさせていただきます。

新着記事

  1. Windows10がディスク使用率99%や100%で激重になる場合にチェックする項目や対処法
  2. 5分でできる!いろいろな形の円を作成するチュートリアル:Illustrator
  3. Adobe CCで「ログイン」「続行」がループしてアプリを起動できない場合に確認するポイント
ページ上部へ戻る