5分でできる!文字やオブジェクトを立体感のあるレトロ調に加工する方法:Illustrator

5分でできる!文字やオブジェクトを立体感のあるレトロ調に加工する方法

5分でできるシリーズ!

今回は文字を立体感のあるレトロ調にしてみたいと思います。
こんな感じです。(クリックで拡大)

ご覧ください。

 

スポンサーリンク


 

1. テキストまたはオブジェクトを用意する

今回使用しているフォントは「AR JULIAN」、カラーは「#a77769」です。
テキストはアウトライン化してください。

 

2. 立体感をつける

「効果」→「3D」→「押し出し・べベル」

「オブジェクト」→「アピアランスを分割」

オブジェクトを複製します。

 

3. ザラザラ感を出す

「効果」→「効果ギャラリー」→「テクスチャ」→「粒状」

「透明」パネルを開き、描画モードを「乗算」に。

 

4. 不透明マスク

長方形を作成

グラデーション
左:#FFFFFF(30%)
右:#FFFFFF(70%)

長方形を最前面にし、オブジェクト(粒状)と一緒に選択

「透明」パネル→「不透明マスクを作成」

重ねて、完成。

▼よかったら他の記事もどうぞ。
Photoshop&Illustrator 5分でできるシリーズ

以上、中村でした。

2016年1月7日

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 函館本線・岩見沢-滝川間その2、茶志内駅~豊沼駅:北海道無人駅
  2. 函館本線・岩見沢-滝川間その1、峰延駅と光珠内駅:北海道無人駅
  3. Lightroom mobileで写真をイラスト風に加工するチュートリアル【無料アプリ】
ページ上部へ戻る