Windows Update後にBluetoothが繋がらない・途切れるときの対処法

Windows Update後にBluetoothが繋がらない・途切れるときの対処法

Windows Update後にBluetoothが繋がらなくなったり不安定になったりする場合の対処法です。
結論から書くと、ドライバの更新で大体解決できます。
ドライバは自分で探す方法と自動更新アプリを使用する方法があります。
以下、詳細です。

 

症状1

  • Windows Update実行後、Bluetooth接続の「Tabmate」が接続できなくなった。
  • Tabmate → Macbook airはつながる。
  • PC側のBluetoothは内臓ではなくUSBタイプ。
  • Bluetoothアダプターのドライバアップデートで解決。

使用しているBluetoothアダプターはこちら。
Tabmateの動作確認済みアダプターです。

 

症状2

  • 後日、Windows Updateにより再びトラブル。
  • 通信の切断が頻発。3回に1回くらいの頻度で接続直後に切断される。Tabmateのスリープ復帰後もつながらない。使用中もたまに切れる。
  • Bluetoothアダプターを差しなおすと直る。
  • ドライバアップデートで解決。

 

大体ドライバが原因

すでに書いていますが、ドライバアップデートでだいたい解決します。
自分でドライバを探してアップデートするのが一番安全ですが、面倒な場合はドライバの自動更新アプリを使うという手もあります。

Driver Booster 7
たとえばこちらはPC内をスキャンしてドライバをアップデートしてくれるアプリです。
とても便利なのですが、いらないアプリも一緒にインストールされたり定期的に広告が出たりという欠点もあります。
さらに、何も考えずにすべてのドライバを更新するとPCが起動しなくなったという報告もあるので注意必要です。
自動更新アプリを使用する場合は、Bluetoothアダプター等、PCの起動にかかわらない部分に留めておいた方が良いでしょう。

 

ドライバの更新で解決できない場合は?

Bluetoothアダプターの電源設定を見直す

【スタート】を右クリック→【デバイスマネージャー】
【Bluetooth】の項目から該当のデバイスを右クリック→【プロパティ】

 

【電源管理】→【電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする(A)】のチェックを外す→【OK】

 

電源オプションを見直す

【コントロールパネル】→【ハードウェアとサウンド】

 

【電源オプション】

 

【プラン設定の変更】

 

【詳細な電源設定の変更】

 

【ワイヤレスアダプターの設定】→【省電力モード】→【設定】→【最大パフォーマンス】を選択→【OK】

 

その他

  • ペアリングを解除して再度ペアリングする
  • 他の機器を外す/オフのして接続してみる(つながる場合は他の機器との相性/干渉が原因)
  • 電子レンジ、コードレス電話等パソコン関係以外の機器と電波干渉が考えられる場合は、同時使用を避ける、距離を離す等を試みる

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 【北海道無人駅】宗谷本線その9 智北駅~日進駅
  2. 89周年を迎えた新十津川駅、最後の記念祭
  3. 【北海道無人駅】宗谷本線その8 恩根内駅〜南美深駅
ページ上部へ戻る