【北海道無人駅】石勝線夕張支線・冬の清水沢駅と鹿ノ谷駅

【北海道無人駅】石勝線夕張支線・冬の清水沢駅と鹿ノ谷駅

2019年3月31日に廃止となる石勝線夕張支線の駅を紹介するシリーズ。
今回は冬の清水沢駅と鹿ノ谷駅、そして沿線の風景を少し紹介します。

▼前回はこちら

 

清水沢駅

冬の清水沢駅

2018年12月2日に訪問。
すでに雪が積もっていますが、たぶん例年よりもだいぶ少ないと思います。

 
冬の清水沢駅

まだまだ枯草の茶色が目立ちます。

 
冬の清水沢駅

あとひと月もすれば通路の両側も雪山になりそうです。

 
冬の清水沢駅

雪のない地域の人なら大喜びでダイブしそうな雪面。

 

鹿ノ谷駅

冬の鹿ノ谷駅

午後3時半前ですが、太陽がすでに低いです。
夕張は山に囲まれた街なので、日が陰るのも早いですね。

 
冬の鹿ノ谷駅

雪の中に伸びる線路を見ることができるのも今シーズン限り。たぶん。

 
冬の鹿ノ谷駅

冬の鹿ノ谷駅

ホームもまだそれほど雪が積もっていません。
小樽や札幌から比べるとかなり多いですが。

 
冬の鹿ノ谷駅

ダイブしたくなる雪面その2。

 
冬の鹿ノ谷駅

近くの高台から。
冬の晴れた夜にここから見ると、とてもきれいらしいです。

 

沿線の風景

冬の夕張支線

冬の夕張支線

冬の夕張支線

鹿ノ谷駅近くの鉄橋。

 
冬の夕張支線

新夕張駅近くの橋。
こちらが石勝線本線。
ここはまだ冬感が少ないですね。

 
冬の夕張支線

同じく新夕張駅近くの橋。
こちらは夕張支線です。
この橋はすごくロケーションが良いので、列車の時刻になるとよく鉄道ファンが撮影しています。

 

おわりに

2019年3月31日で廃止される夕張支線。
列車が走っている姿を見ることができるのもあと僅かですね。
これからも北海道のローカル線はどんどん減っていくと思うので、ぜひ今のうちに巡ってみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 【小樽】野生のトドやオジロワシを見よう!冬の祝津パノラマ展望台
  2. 【北海道無人駅】石勝線夕張支線・冬の清水沢駅と鹿ノ谷駅
  3. 【北海道無人駅】石勝線夕張支線・南清水沢駅-沼ノ沢駅-新夕張駅
ページ上部へ戻る