Illustrator:オブジェクトの形に合わせたグラデーションの作り方 その2

Illustrator:オブジェクトの形に合わせたグラデーションの作り方 その2

こんにちは。

以前、オブジェクトの形に合わせたグラデーションについて書きました。

Illustrator:オブジェクトの形に合わせたグラデーションの作り方
Illustrator:オブジェクトの形に合わせたグラデーションの作り方

これの続編です。
今回はクリッピングマスクを利用してグラデーションを表現してみましょう。

 

1. オブジェクトを2つ用意する

▼ 片方に「線」と「塗り」を追加します。

 

2. ぼかしの適用

▼ アピアランスパネル開き、「線」を選択。新規効果を追加します。

▼ 「新規効果」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」。数値はお好みで。

▼ 線だけに「ぼかし」が適用されました。

 

3. クリッピングマスクの適用

▼ もうひとつのオブジェクトを最前面にして重ねます。

▼ 右クリック、または上部メニューの「オブジェクト」→「クリッピングマスク」から「クリッピングマスクを作成」を選択。

▼ 完成です。

▼ 線幅やぼかし具合でいろいろ調整できます。

▼ 閉じていないオブジェクトでも作成可能です。(直線は不可)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。
グラデーションやぼかしひとつでも、いろいろな方法があるものですね。

ちなみに・・・
左から、「スタイライズ→ぼかし」「光彩(内側)」「ぼかし(ガウス)&クリッピングマスク」

「スタイライズ→ぼかし」と「光彩(内側)」は見た目があまり変わらないですね。
複数色を使ったグラデなら「スタイライズ」。
内側を透過させるなら、「光彩(内側)」か「クリッピングマスク」がいいでしょう。
最もコントロールが効くのは今回の「クリッピングマスク」だと思います。

その都度、使い分けるといいのではないでしょうか。

以上、中村でした!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

年末年始営業日

2016年12月29日~2017年1月3日は休業とさせていただきます。

新着記事

  1. 5分でできる!写真を鉛筆画風に加工するチュートリアル:Photoshop
  2. PVランキング!2016年はこんな記事が人気でした
  3. 5分でできる!画像をサイバー感のある0と1の集合に加工するチュートリアル:Photoshop
ページ上部へ戻る