もっと簡単!写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル室内編:Photoshop

もっと簡単!写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル室内編:Photoshop

写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル室内編です。
Photoshopの機能だけで簡単に加工できます。絵心もペンタブも必要なし。

前回は桜の風景を加工してみました。
難しいことはしていないんですが、多少手順が複雑でした。
今回も基本は一緒ですが、植物がない分、ずっと簡単です。

▼桜編はこちら
簡単!写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル桜編:Photoshop
簡単!写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル桜編:Photoshop

▼杜王町編はこちら
【JOJO】写真を杜王町風に加工するチュートリアル:Photoshop
【JOJO】写真を杜王町風に加工するチュートリアル:Photoshop

 
使用する写真はこちら。写真AC様よりお借りしました。著作権保護のため一部加工してあります。

加工後がこちら。
もっと簡単!写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル室内編:Photoshop

なお、画像サイズ4272×2848のものをベースにしています。
大きい画像の方がやりやすいです。

 

1. Camera Rawでベースを作る

フィルター > Camera Rawフィルター

 

基本補正

元の写真がちょっと緑・シアン寄りの色なので、「色温度」「色かぶり補正」で若干調整。
光を強調するために白を強く。
写真の状態だとディテールが細かすぎるので、明瞭度を下げる。
そして、暗部を明るく、彩度を高く設定。ここはイラスト風加工に必須の設定です。

 

ディテール


ノイズを軽減します。
ノイズを減らすと同時に、塗りののっぺり感も出せます。

 

HSL/グレースケール


色ごとの彩度を変更。
今回は、夕方まではいかない放課後の雰囲気を表現したかったので、イエローを下げました。
今回に限らず、黄色系は派手に出やすいので、黄色を強調したいとき以外はなるべく下げた方が上手くできます。
他の彩度はお好みで。

 

レンズ補正


色収差を除去します。
別にやらなくても大して変わらないですけど。

 

効果


かすみの除去で少しだけメリハリを出します。

Camera Rawによるベース作りはこれで完了です。

写真によりますけど、今回使用した素材では、この時点でかなりイラスト感が出ました。

 

2. ぼかし(表面)で塗り感を出す

Camera Rawで作成したベースのレイヤーを複製します。

フィルター > ぼかし > ぼかし(表面)

 

3. 粒状フィルムでメリハリを出す

フィルター > フィルターギャラリー > 粒状フィルム

粒状フィルムを適用すると壁の汚れ等がくっきりします。
イラスト風加工ではこのフィルターを適用するとグッと良くなることがあります。

 

4. 部分的アンシャープマスクで手前をくっきりさせる

均一にぼかし(表面)をかけているので、手前が少しボワッとした印象になっているので、手前のみアンシャープマスクをかけます。
ぼかし(表面)をかける際に調整してもいいです。

クイックマスクモードで手前を塗ります。

クイックマスクモードを解除し、選択範囲を反転。

フィルター > シャープ > アンシャープマスク
201604211356

 

5. 輪郭検出で輪郭をくっきりさせる

複製前のレイヤー(Camera Raw処理のみ)を選択し、重ね順を一番上にします。

フィルター > 表現手法 > 輪郭検出

イメージ > 色調補正 > 2階調化
手前の輪郭線が消えないレベルで線を調整します。

このままだと奥の線が多すぎるので、余計な部分を消します。
奥の方をあまりごちゃごちゃさせないようにし、さらに光の当たっている部分の輪郭をなるべく消すようにすると上手くいくと思います。

描画モード「乗算」、不透明度「30%」に設定。

 

6. 光を描く

桜編でも書きましたが、重要なポイントです。
簡単なわりに効果絶大です。

 

窓からの光

適当に描いて、適当にぼかし(ガウス)をかけます。

レイヤーの不透明度を30%に設定。

 

反射光を描く

机や椅子の光が反射している部分を適当に塗って、ぼかし(ガウス)で適当にぼかします。

レイヤーの不透明度を60%に設定。

これで大体完成。
あとはお好みで次のステップへ。

 

仕上げ

写真AC様より、以下のファイルをお借りします。
無料会員の方は、低解像度版を拡大して使ってください。どうせはっきり見えないので問題ないです。

カラフルなキラキラ画像
窓ガラスの朝日

まず「カラフルなキラキラ画像」を、描画モード「ソフトライト」、不透明度「20%」で重ねます。

次に「窓ガラスの朝日」を、描画モード「ソフトライト」、不透明度「100%」で重ねます。
今回はこんな感じで配置しています。

もっと簡単!写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル室内編:Photoshop

これで完成です。
放課後の誰もいない教室の雰囲気を表現できたのではないかと思います。
ちょっと教室古いですけど。

カラーバランスをイエロー・マゼンタ・レッドに寄せれば、夕方っぽくもできます。

スポンサーリンク

おわりに

光の描写手順が少ないので、桜編よりもかなり簡単にできると思います。
室内の写真は大体こんな感じで加工できます。
ただ、写真によってはイラスト加工に向かない場合もあります。
Camera Rawで処理した際にまったくイラスト感がでない場合は、加筆なしで加工するのは難しいです。

イラスト風に加工する方法はいろいろあるので、よかったら他の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 奇岩の渓谷・絶景の千鳥ヶ滝と炭鉱の歴史を今に継ぐ滝の上発電所
  2. 廃校×アートの美術館!芦別市芸術文化交流館「芸術の郷しんじょう」
  3. 洞爺湖有珠山ジオパークその2:西山山麓火口散策路
ページ上部へ戻る