5分でできる!アナログ感のあるモコモコブラシを作るチュートリアル:Illustrator

5分でできる!アナログ感のあるモコモコブラシを作るチュートリアル:Illustrator

イラストレーターでアナログ感のあるモコモコブラシを作るチュートリアルです。
このブラシを使うと「ノンタン」のようなゆるゆる感のある線に簡単に加工できます。
初心者でも5分ほどでできるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

ブラシの作成

ブラシツールを選択。ブラシや線の種類はノーマルなやつでいいです。

モコモコを意識して適当に描きます。

ブラシツールにドラッグ&ドロップ。

【散布ブラシ】を選択して【OK】

プレビューを見ながら【散布ブラシオプション】を調整。

【サイズ】と【間隔】は【ランダム】に設定し、値に幅を持たせます。
【回転の基準】は【パス】に設定。
他の項目はそのままで大丈夫です。

基本的な部分はこれで完了。

 

オブジェクトの調整

円形などに適用すると、形が滑らかにならない場合があります。

こういうときは、
【オブジェクト】→【パス】→【アンカーポイントの追加】を何度か適用させると滑らかになります。

また、
【効果】→【パスの変形】→【ラフ】を適用させると、ラインにユルさが加わります。
このとき【アンカーポイントの追加】をやりすぎていると良い感じにならない可能性があるので注意してください。

これらを組み合わせると、ツールで描いただけの単純な図形も、一瞬でアナログな雰囲気にすることができます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. Windows10でスリープが勝手に解除される場合にチェックする項目や対処法
  2. Illustrator:立体的な植え込み文字を作るチュートリアル
  3. Illustrator:写真を文字やオブジェクトの形で切り抜く(オブジェクト部分が消える)方法
ページ上部へ戻る