【北海道無人駅】根室本線「滝川-富良野間」その1 滝川駅~赤平駅

【北海道無人駅】根室本線「滝川-富良野間」その1 滝川駅~赤平駅

北海道の無人駅をめぐるシリーズ。
今回は滝川駅を出発し、富良野駅へ向かいます。
いつもは無人駅のみですが、今回は有人駅も交えて紹介します。

 

滝川駅

滝川駅

まずは出発地点の滝川駅。
滝川駅は1898年(明治31年)開業。
現駅舎はモダンな作りに見えますが、実は1962年(昭和37年)に改築されたもの。
2016年(平成28年)に改装され、現在の姿に。

滝川駅前のグライダー

駅前には滝川のシンボル的存在であるグライダーが展示されています。
この日、駅舎内がとても混みあっていたので、滝川駅は外観のみです。

 

東滝川駅

東滝川駅

1913年(大正2年)、幌倉駅として開業。
1954年(昭和29年)、駅名を東滝川駅に改称。

 
東滝川駅

入り口。

 
東滝川駅内部

駅舎内。
カラフルなベンチが目を引きます。

 
東滝川駅内部

駅舎内にいたおばけ。

 
幌倉駅の看板

幌倉駅の看板。

 
東滝川駅内部

別角度から。
光の入り具合が良い感じです。

 
東滝川駅の椅子

東滝川駅の椅子

東滝川駅の椅子

椅子。どの角度から撮っても素敵です。

 
東滝川駅のホーム

ホームに出ます。

 
東滝川駅のホーム

最近は建て替えや廃駅で木造駅舎もどんどん減っていますね。

 
東滝川駅跨線橋の階段

跨線橋の階段。

 
東滝川駅跨線橋内部

スズメバチがたくさん死んでいました。
生きているのも数匹いましたが、近くに巣はないようでした。

 
東滝川駅跨線橋から

東滝川駅跨線橋から

跨線橋から見た景色。

 
東滝川駅ホーム

赤平方面のホーム。

 
東滝川駅跨線橋入り口

跨線橋の入り口。

 
東滝川駅ホーム

赤平方面。

 
東滝川駅のホーム

滝川方面のホームから。

 
東滝川駅ホーム

滝川行きの列車が来ました。

 
東滝川駅ホーム

 
東滝川駅前の歌碑

駅前の歌碑。

 
東滝川駅のトイレ

トイレもレトロです。

 

赤平駅

赤平駅

1913年(大正2年)、上赤平駅として開業。
1943年(昭和18年) 、赤平駅に改称。
現在は簡易委託駅として営業しています。
巨大な建物ですが、「赤平市交流センターみらい」に赤平駅が入っているような状態です。

 
赤平駅

ホームから見ても巨大です。
画面に収まりきらない。

 
赤平駅の跨線橋

跨線橋。
駅舎は比較的新しい(1999年改築)ですが、ホームはなかなかレトロ。

 
赤平駅ホーム

素敵ですね。

 
赤平駅ホーム

向こう側の階段。
手すりのカーブが好き。

 
赤平駅ホーム

こちら側の階段。

 
赤平駅跨線橋内部

跨線橋内部。

 
赤平駅跨線橋内部

赤平駅跨線橋内部

2番線のホームに続く階段。

 
赤平駅ホーム

錆びついた鉄骨が格好いいです。

 
赤平駅ホーム

ベンチ。

 
赤平駅ホーム

階段に落ちる光。

 
赤平駅ホーム

富良野方面。

 
赤平駅ホーム

ちょっと奥から。

 
赤平駅ホーム

どこを撮っても絵になります。

 
赤平駅3番線

今は使われていない3番線。

 
赤平駅ホーム

上り2番。

 
赤平駅ホーム階段

赤平駅ホーム階段

赤平駅ホーム階段

赤平駅前

赤平は駅前もレトロでかわいい。

 
▼赤平といえば炭鉱遺産もおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 【北海道無人駅】根室本線「滝川-富良野間」その3 上芦別駅~富良野駅
  2. 【北海道無人駅】根室本線「滝川-富良野間」その2 茂尻駅~芦別駅
  3. 【北海道無人駅】根室本線「滝川-富良野間」その1 滝川駅~赤平駅
ページ上部へ戻る