【北海道無人駅】宗谷本線その6 蘭留駅~旭川四条駅

【北海道無人駅】宗谷本線その6 蘭留駅~旭川四条駅

宗谷線の無人駅を紹介するシリーズ。
第6回は蘭留駅から旭川四条駅を紹介します。
宗谷線の起点・終点となる旭川ですが、珍しい高架の無人駅である旭川四条駅、街中なのにやけにレトロな新旭川駅、旭川市なのに周囲は畑しかない北永山駅など、なかなかバラエティに富んでいます。

蘭留駅

宗谷線・蘭留駅

1898年(明治31年)開設。
現在の駅舎は1988年(昭和63年)に建てられたもの。
「らんる」というちょっと変わった駅名は、アイヌ語で「下る・道」という意味だそうです。

 
宗谷線・蘭留駅

駅舎内。
外観も内部もシンプルです。

 
宗谷線・蘭留駅

宗谷線・蘭留駅

ホームです。
小さい駅ですが、2面2線の相対式ホームになっています。

 
宗谷線・蘭留駅

反対側のホームから。

 

北比布駅

宗谷線・北比布駅

1955年(昭和30年)、北比布仮乗降場として開設。
1959年(昭和34年)、駅に昇格。

 
宗谷線・北比布駅

踏切の脇にある小さい建物が待合所。
木造で古そうに見えますが、最近作られたもの。
初代待合所は老朽化のため2014年に解体されたそうです。

 
宗谷線・北比布駅

最近建てられたとは思えない内部。
言われてみれば全然傷んでないですね。

 
宗谷線・北比布駅

宗谷線・北比布駅

ホームです。
9月30日に訪問したのですが、すでに木々が色づき始めていますね。

 
宗谷線・北比布駅

駅前には牛。

 
宗谷線・北比布駅

民家もちらほらあります。

 

比布駅

宗谷線・比布駅

1898年(明治31年)開業。
2016年(平成28年)、現在の駅舎に。
旧駅舎は比布町の特産品であるイチゴをイメージしてピンク色に塗られていたそうです。
新駅舎もピンク色ではないですが、旧駅舎の雰囲気を残していて素敵ですね。

 
宗谷線・比布駅

駅舎内。
写真は内部の一部だけですが、カフェなども併設されておりなかなか広いです。

 
宗谷線・比布駅

ホームです。
ホーム自体も全然傷んでないですね。

 
宗谷線・比布駅

宗谷線・比布駅

跨線橋。
内部もきれいです。

 
宗谷線・比布駅

単行列車が来ました。

 
宗谷線・比布駅

宗谷線巡りで一番の混雑を見せる構内。

 
宗谷線・比布駅

宗谷線・比布駅

去る列車。

 
宗谷線・比布駅

比布駅前にあった蔵。
街中にある無人駅の近くでよくこういう蔵を見かけます。

 

南比布駅

宗谷線・南比布駅

1955年(昭和30年)、南比布仮乗降場として開設。
1959年(昭和34年)、駅に昇格。

 
宗谷線・南比布駅

北比布駅と同じタイプの待合所。
こちらも2014年に旧待合所が解体されました。
以前は冗談みたいに傾いた小屋が建っていたそうです。

 
宗谷線・南比布駅

内部も北比布駅とほぼ同じです。

 
宗谷線・南比布駅

宗谷線・南比布駅

ホームです。
すぐ近くを陸橋が通っています。

 
宗谷線・南比布駅

陸橋から。

 

北永山駅

宗谷線・北永山駅

1947年(昭和22年)、北永山仮乗降場として開設。
1959年(昭和34年)、駅に昇格。
近くに北海道旭川農業高校があるため、利用客は1日33.8人と駅の規模のわりに多め。

 
宗谷線・北永山駅

宗谷線・北永山駅

ホームです。
永山新川にかかる鉄橋が見えています。

 
宗谷線・北永山駅

待合所内部。
古いですが、築数十年という感じではありません。
1990年に駅が600m移転しているので、待合所はそのときに作られたものかもしれません。
まあ、仮に1990年に建てられたとしても築30年ですが笑

 
宗谷線・北永山駅

宗谷線・北永山駅

列車が来ました。
旭川市も中心部以外は長閑な場所が多いですね。

 

新旭川駅

宗谷線・新旭川駅

1922年(大正11年)開業。
開業当初は「しんあさひがわ」の読みだったそうです。

 
宗谷線・新旭川駅

たくさんの自転車でもわかるとおり、利用客が多いです。
近くにはディノスシネマズ旭川などもあり、結構都会。
その割に駅舎がレトロで良い感じです。

 
宗谷線・新旭川駅

駅舎内です。

 
宗谷線・新旭川駅

宗谷線・新旭川駅

このレトロ感。最高です。
旭川の街中の駅とは思えない。

 
宗谷線・新旭川駅

ホームに出ます。

 
宗谷線・新旭川駅

宗谷線・新旭川駅

宗谷線・新旭川駅

ホームに出るとやはり都会感がありますね。
宗谷本線で架線があるのはたぶん旭川市内だけですし。

 

旭川四条駅

旭川四条駅

1957年(昭和32年)、旭川四条仮乗降場として開設。
1973年(昭和48年)、駅に昇格。
街中の高架という、宗谷線の中でも異色の駅です。
高架化された無人駅自体、かなりレアかもしれません。

 
旭川四条駅

入口。

 
旭川四条駅

待合所内部。
街中ながら、どことなくレトロ感を感じます。
築50年近いので、当然と言えば当然ですね。

 
旭川四条駅

高架上のホームへ続く階段。
木造駅舎も好きですが、このコンクリートの無機質感も良いです。

 
旭川四条駅

旭川四条駅

ホームへ向かいます。

 
旭川四条駅

旭川四条駅

無人駅だけどやはり都会な感じがしますね。
ちなみに「乗車しない人はホームに出ないでね」という注意書きがあったので、見学の人は注意して下さい。
(上の写真はホーム手前の階段から撮影)

 
旭川四条駅

駅前には商店街があり、奥の方でバーベキューパーティ的なものが開催されていました。

 
旭川四条駅

鉄道グッズのお店もありました。

さて、宗谷本線の終点は旭川駅ですが、無人駅としてはここ旭川四条駅が最後です。
この段階では音威子府-名寄間が未訪問だったのですが、そちらも無事訪問できたので、このあとに紹介していきます。

ということで、次回は音威子府村まで戻り、咲来駅から豊清水駅を紹介します。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 【北海道無人駅】宗谷本線その9 智北駅~日進駅
  2. 89周年を迎えた新十津川駅、最後の記念祭
  3. 【北海道無人駅】宗谷本線その8 恩根内駅〜南美深駅
ページ上部へ戻る