日本最北の地・宗谷岬の見所とノシャップ岬の夕日

日本最北の地・宗谷岬の見所とノシャップ岬の夕日

札幌から約330km、東京から約1,400km、最南端の波照間島からは直線距離で約2,900km。
北海道でありながら、札幌-東京間よりも遠い最北の地・宗谷岬。
今回は宗谷岬とその周辺のスポットをご紹介いたします。

宗谷岬・日本最北端の地の碑

日本最北端の碑

宗谷岬

日本最北の駅・稚内駅から北東に31km、車でおよそ30分。

 
宗谷岬ウインドファーム

宗谷岬ウインドファームの風車群の先に日本最北端の地があります。

 
宗谷岬

そしてこちらが日本最北端、宗谷岬です。
訪問は観光のピークが過ぎた9月末でしたが、ひっきりなしに人が来ていました。
夏季はかなり混むようで、ホテルを取るのもなかなか困難なようです。

 
宗谷岬・日本最北端の碑

ここが日本最北端。
海の向こうはロシアです。

 

本当の最北端は…

 
日本最北端の宗谷岬弁天島

実は厳密に言うと最北端は少し先に見える「弁天島」。
残念ながら上陸はできません。
さらに厳密に言うと、日本の領土という括りでは択捉島のカモイワッカ岬が最北になります。
ちょっと残念感の漂う宗谷岬ですが、まあ「日本が管理している土地で人が自由に行き来できる場所として最北端」ということで(笑)

 
宗谷岬から見た海

ぎりぎりのところから見た海です。
条件が良ければ向こうにサハリンが見えます。

 

その他の見所

宗谷岬の間宮林蔵

日本で初めて樺太へ渡った間宮林蔵の立像。
この視線の先に樺太(現サハリン)があります。たぶん。

 
宗谷岬のアルメリア

日本で最も北に咲いている花、アルメリア。
ヨーロッパの海岸原産で、乾燥や塩分に強いそうです。

 
宗谷岬

日本最北のお土産物屋さんでは…

 
宗谷岬流氷館

本物の流氷を見ることができます。
ただし展示室はマイナス10℃以下なので心臓の弱い方や体調が心配な方はお気を付けください。

▼ちゃんとした流氷が見たい方はこちらをご覧ください。

 

宗谷岬公園

宗谷岬公園

さて、宗谷岬のすぐ南側には高台があり、公園として整備されています。
宗谷岬よりも宗谷岬公園の方が眺めが良いので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 
宗谷岬公園

最北端の碑から見える展望台的な建物が目印。

 

大岬旧海軍望楼跡

大岬旧海軍望楼跡

この展望台的な建物は、実は展望台ではなく「大岬旧海軍望楼跡」。
1902年(明治35年)に旧帝国海軍によって建造された軍事史跡です。
稚内市は北海道としては歴史のある街なのですが、大火により古い建物をかなり焼失しており、現存する明治時代の建造物はこの史跡だけとのことです。

 
大岬旧海軍望楼跡

ちなみに柵や階段があっていかにも上に登れそうですが、階段が途中で途切れているため、一番上には登れません。(半分までは登れます)

 

平和を祈る公園

宗谷岬公園

宗谷岬公園には、さまざまな「平和の碑」があります。
上の写真の大きいモニュメントは大韓航空機撃墜事件の慰霊碑。折り鶴を模しているようです。
手前の鐘は「子育て平和の鐘」。世界平和と子どもの健やかな成長の願いが込められているそうです。

 
世界平和の鐘

こちらは「世界平和の鐘」。
ぜひ平和の祈りを込めてついてみてください。

 

やはりなんといっても景色がすごい

宗谷岬

最北端なだけあり、やはり景色はすごいです。大パノラマ。
岬の先端からの景色も良いですが、公園を少し奥に進むと広大な景色が広がっています。

 
宗谷岬公園

宗谷岬周辺は北海道でも有数の絶景を楽しめる「宗谷丘陵」。
本当に景色がすごいので、ぜひ実際に訪れてその目で確かめてください。

 
宗谷丘陵

こんな風景がずっと続いています。

 

夕日を見るならノシャップ岬

ノシャップ岬の夕景

宗谷岬に来たら、日本最北の夕日を見たいと思うかもしれません。
でも、夕日を見るなら稚内市街に近い「ノシャップ岬」もオススメ。

 
ノシャップ岬の夕景

ノシャップ岬の夕景

ノシャップ岬からは利尻島・礼文島が見えるので夕方は特に絶景。
利尻島は珍しい富士山型の島なので、写真映えも最高です。

 
ノシャップ寒流水族館

ノシャップ岬には、日本最北の水族館である「ノシャップ寒流水族館」があります。
水族館に併設されている科学館は、雪上車をはじめ南極に関する展示がとても充実しています。
日本最北端の科学館なのに世界最南端の南極展示が充実しているというのも、よく考えると面白いですね。

 
稚内灯台

水族館のすぐ隣には稚内灯台が建っています。
高さは42.7mで、北海道で1番、全国で2番目に高い灯台だそうです。
近くで見たら本当に大きいです。

稚内灯台

 

道中の見所

車で宗谷岬を目指すと、道中さまざまな見どころに出会います。

羽幌町のオロロン鳥

有名な羽幌町のペンギン像

 
オトンルイ風力発電所

幌延町のオトンルイ風力発電所の風車群。圧巻。

 
サロベツ原野付近

豊富町から稚内市街までは海と原野と道しかない。

 
サロベツ原野駐車場

サロベツ原野駐車場から見る利尻富士。

 
こうほねの家

展望スポット「こうほねの家」の海岸から見る利尻富士。
とにかくすごい景色ばかりなので、ぜひ周辺もめぐってみてください。

 

稚内のホテル

さて、冒頭で触れたように、夏季の稚内はホテルを取るのがなかなか難しいです。
私も本来は7月の訪問を予定していたのですが、ホテルが取れず(あと天気で)延期になってしまいました。
9月以降はそれほどでもないと思いますが、予約はお早めにされることをお勧めします

 
次の記事はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼スポンサーリンク
▼LINEスタンプ販売中です!
▼おすすめの記事
▼スポンサーリンク

新着記事

  1. 広大なサロベツ原野を一望できるおすすめスポット
  2. 周氷河地形が造り出した絶景の宗谷丘陵と白い道
  3. 日本最北の地・宗谷岬の見所とノシャップ岬の夕日
ページ上部へ戻る